Blog

3月の本紹介🌿

こんにちは、ユールです。

春ですね🌸

4月です!

本紹介の3月編ぎりぎり間に合いました。

(間に合ってないです)

突然ですが、実は、

「ムーミン谷の物語にユールも登場します」

・・・・・。

エイプリルフールです。

残念ながらユールは登場しません。

申し訳ありません、こんな時にしか言えないので。

名前が似ているキャラクターはいました。

ムーミンの友達、スニフ。スニフの父親がロッドユール、母親がソースユール、兄弟にクロットユールがいます。

3月のおすすめ本は、

小川 糸さん 文

平澤まりこさん 画 の

「ミ・ト・ン」です。

本屋さんで表紙に惹かれて購入。

可愛らしさ、北欧感を感じました。

1月編は、冒険

2月編は、愛

3月編は、心温まる物語

《感想》

・小川糸さんの言葉選びが好きだなと。

ナナマカマドの実、精霊たちは輪になって宙を舞いながら、足元には色づいた葉っぱやどんぐりがたくさん落ちていて、木には神さまが住んでいるのです、森の精霊たちが力を与えてくれるのです、決して来る人を拒まず広い心で受け入れてくれるのがルップマイゼ共和国の森でした…という文章を読むと心地よく感じるのはユールだけでしょうか。

きっと、「トムテユールの森へようこそ」っていう世界観と似ていたからかなと思いました。

・ルップマイゼ共和国の伝統、生き方が好きです。人の温かさを感じます。うまくいえませんが人とのつながりは、いろいろ考えてつながるというよりは、お互いの思いやりが大事かなと、今目の前にいる人を大事に思いたいです。私はシャイで大勢いるとうまく話せません。人と関わるのが不器用でも、寡黙な方でも、温かい心をもっていれば、人生の豊かさ、充実感アップにつながると思います。あと、ひとつひとつの物や出来事を大切に、つつましく今ある環境で一生懸命生きていると神さまがエールを送ってくれるみたいです。

・食べものに影響を受けそうです。ルップマイゼ共和国の人々にとって黒パンは特別な食べ物。赤えんどう豆のサラダ、羊のミルクに小麦粉をまぜて作ったお団子スープ、山羊のチーズ、シマコーフカ(薬草酒)、栗の甘露煮の上にたっぷりと生クリーム、あたたかいよもぎのお茶、白樺ジュース(白樺の木の樹液、干しぶどう、レモンの皮、ハッカとともに発酵させた飲み物)。なんだかいろいろ美味しそうです。ユールはまず黒パンから、やっぱり黒糖パンから世界観を味わってみたいと思います。

・パンやミトンには、神さまなどの文様があります。文様には、ライマ:運命をつかさどる女神、人々に幸運をもたらす。ウグンス・クルスツ:天からの恵みをもたらす雷の神さま。サウレ:永遠の生命を意味する太陽の女神 等々。神さまや精霊たちに守られているということです。

・カラーの挿絵の雑貨が可愛いです。

・花にも興味が湧きました。草花のマーガレット、アザミ、矢車草、ライラック、野いちごの花、ノイパラ、ヘビイチゴ、白詰草、桔梗、忘れな草など、あとで調べてみます。

・マリカの恋からおばあちゃんになるまでの人生を一緒に辿り、幸せからの苦難・孤独・悲しみの中で、自分の心とどう向き合って、乗り越えていくかは学びとなりました。

○感情移入度★★★★★

○読みやすさ★★★★★

○ワクワク度★★★★☆

以上です。長文を読んでくださった皆さま心から感謝です🌿

それでは、また4月編で会いましょう^_^

関連記事

  1. 本紹介✨〜4月番外編〜
  2. Predawnさんの歌声と音楽が好きです。
  3. 「tante」の和訳
  4. 2024年 秋〜冬頃に発売🌿
  5. トムテユールの森。
  6. 小さい魔女とワルプルギスの夜 おすすめ映画 吹き替え 坂本真綾さ…
  7. 6月のおすすめ本紹介📕
  8. 2023年振り返り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

雑貨屋tanteはこちらから

tante雑貨屋_旭市_tomteyule

「Heavy Rain」

tomteyule ミニアルバム「Fay Stroll」coming soon

いろんな音楽がある中で、おすすめでおしえていただいたPredawnさんの音楽が好きです。

My Dear

PAGE TOP